FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←このブログを応援する方はクリック!
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
勇気を出して

日頃なかなか行かない所に、行ってみました。

演芸1

            『大須演芸場』
         1965年開場 : 中京地区唯一の寄席


ラッキーなことに入場料1,500円が、閉演1時間前だったので、
500円で入ることができました。




演芸2

こちらが錚々たる出演メンバーです ↑ ↑
(寝てる人は関係ありません)


入場すると、あの夫婦漫才の大御所 『なんぺい&さやか』
の漫才がすでに始っておりました。

なんぺい氏の視線が、やたらオカロピット君と僕を見ていたせいで
写真を撮ることができませんでした。
申し訳ありません。
 (総客数6人)

さてさて、

続いて出てこられたのは、あのMr.マリックの師匠とも噂されております、
孤高の天才マジシャン 『鳥居克次』 ↓ ↓

演芸3

さすが師匠。
ほとんどのタネを、自然と僕らにわかるように
披露して頂けました。



そしてトリを飾るのは、
世界でただ1人のプロの落語家+漫画家である
『雷門獅篭』 ↓ ↓

演芸4

落語の概念を壊すような、舞台を転げまわるラブシーンの演出は、
まさに必見です。



こむら返り対策本部認定 : 楽しめる度☆☆☆☆


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ ←このブログを応援する方はクリック!
[2009/06/15 00:01] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<僕だけかもしれません Vol.4 | ホーム | 僕だけかもしれません Vol.3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://colonelpepsi.blog56.fc2.com/tb.php/29-7891df41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。